沿革病院概要病院情報院長挨拶基本理念基本方針

沿革

当病院は旧医療法人慈誠会猪又病院を引継ぎ、平成16年2月に医療法人社団青空会として設立認可を受け、同年4月1日 新生「大町病院」として診療を開始いたしました。
旧猪又病院は明治10年に開設され、個人開業医時代を含めて約140年近くにわたり当地方の人々の診療と健康増進に貢献するなど、浜方部において燦然たる歴史を持つ病院であります。昭和54年11月に総工費6億円を投じて従来の病院を改築し、病床数76床を持つ病院に改組、昭和55年10月に県の許可を受け医療法人慈誠会猪又病院となりました。
昭和61年4月、総工費6億5千万円を投じ病院を増改築し、病床数を199床に増床。更に平成2年、産婦人科を開設。平成3年には当地方唯一の歯科口腔外科を標榜する歯科診療を開始。また、人工透析装置を設置し、浜方部における透析患者の治療にあたるなど地域の総合的な病院として歩んでまいりました。
大町病院に改編後療養病床を整備し、現在は188床の病院として地域医療確保のため、積極的に取り組んでおります。

病院概要

名称 医療法人社団 青空会 大町病院
所在地 福島県南相馬市原町区大町三丁目97番地
電話番号 0244-24-2333
FAX番号 0244-24-4940
法人開設 平成16年2月19日
敷地面積 6,129㎡
建物構造 鉄筋コンクリート造 地下1階一部6階建
建物延面積 7,676.73㎡
診療科目 内科・呼吸器内科・循環器内科・消化器内科・内視鏡内科・腎臓内科・肝臓内科・神経内科・麻酔科・外科・呼吸器外科・心臓血管外科・肛門外科・消化器外科・内視鏡外科・整形外科・小児科・皮膚科・泌尿器科・産婦人科・耳鼻咽喉科・リウマチ科・リハビリテーション科・放射線科・歯科・歯科口腔外科
病床数 一般病棟 104床 , 療養病棟(84床(介護病床10床含む))
施設基準 一般病棟 入院基本料   5
療養病棟 入院基本科2  (A, B, C, D, E, F, G, H, I)
その他 特掲診療科料の施設基準各種
指定関係 各種健康保険・労災保険指定・救急病院指定
職員数 227名 (令和元年9月1日現在)

病院情報

平成16年4月 整形外科専門医研修施設に認定されました。
平成25年9月 東京慈恵医科大学付属病院内視鏡科の関連病院に指定されました。
平成25年12月 日本消化器内視鏡学会 専門医制度による指導施設に認定されました。
平成26年5月30日 創立10周年記念式典第1弾 講師 相馬市長・相馬地方市町村会長 医療法人社団青空会 理事 立谷秀清、 講師 東京慈恵医科大学 内科学講座 神経内科 准教授 葛飾医療センタ- 神経内科 鈴木正彦先生よる医療特別講演会が開催されました。
平成26年11月28日 創立10周年記念式典第2弾 座長 東京慈恵医科大学 客員教授 鈴木博昭先生、講師 東京慈恵医科大学外科学講座 チェアマン・教授 大木隆生先生による医療特別公演が開催されました。
平成26年12月20日 創立10周年記念式典第3弾 座長 福島県立医科大学付属病院 教授・内視鏡診療部長 小原勝敏先生 講師 東京慈恵医科大学 消化器/肝臓内科 内視鏡科 主任教授 日本内視鏡学会理事長 田尻久雄先生による医療特別講演会が開催されました。

院長挨拶

院長

当院は平成23年3月11日東日本大震災及び東京電力福島第一原子力発電所事故の複合災害にて一時閉院を余儀なくされましたが、1ヶ月を経過しない4月4日に病院を再開し、当時、慈恵会医科大学外科学講座の先生方などの多大な御支援により、今日まで診療を行う事ができました。震災後、9年目を迎えておりますが、避難された方々の中でも40歳以下の帰還が進まず、未曽有の少子高齢化地域となっております。その中で当院は地域医療貢献を通して当地域の復興に寄与すべく東京慈恵会医科大学の先生方の御支援の下、頑張っている状況です。安定し充実した医療を提供する事により、安心して相双地域に帰還できるように診療を行って参りたいと思います。

医療法人社団青空会大町病院
院長 猪又 義光

基本理念

基本理念

基本方針

基本方針