原町駅から徒歩5分、より質の高い医療を提供し、地域医療に貢献します

お知らせ

4月からの耳鼻咽喉科、青柳優先生の診療時間について

4月から、耳鼻咽喉科、青柳優先生の診療時間が下記の通りとなります。 月・金曜日 9:00~17:30  火・土曜日 8:30~17:30

第1回浜通り消化器フォーラムが開催されました。

 私たち医療法人社団青空会大町病院では、11月6日(金)に「ロイヤルホテル丸屋」において、消化器病診療の第一線で活躍されている諸先生(別掲のフォーラム次第をご参照ください。)にご出席いただいて「第1回浜通り消化器フォーラ …

託児所「にこにこハウス」を開設・開所しました

 当病院では、慢性的な看護師等スタッフ不足に対応し、産休・育休を取得して子育てを行なっている職員の早期の職場復帰を促してスタッフ確保に資するため、独自に無認可保育施設「託児所・にこにこハウス」を開設しました。  この託児 …

渡辺貞夫事務所から当院に復興支援の寄附

 当院では、去る7月19日(日)に「南相馬市民情報交流センター・マルチメディアホール(図書館内)」において「渡辺貞夫グループ東北応援ツアー『心をつなぐジャズの夕べ in 南相馬』」のジャズコンサートを開催しましたが、この …

院長あいさつ

院長

 東日本大震災と原発事故から6年目の新年度を迎えました。
 今年は暖冬の影響なのか、桜前線の北上も例年より早く、開花した桜花に雪が降り積もるといった光景も見られた平成28年度の始まりでしたが、4月14日の夜に突然発生した「平成28年熊本地震」により、熊本県や大分県では数多くの尊い命が犠牲となり、家屋の倒壊、交通網の遮断、インフラの崩壊など甚大な被害に見舞われ、多くの被災者が避難生活を余儀なくされました。
 改めて、お亡くなりになられた皆様のご冥福をお祈り申し上げますとともに、被災された方々に心よりのお見舞いを申し上げます。
 平成23年3月の東日本大震災に被災し、全国から多くのご支援をいただきました私共といたしましては、被災地の一日も早い復旧・復興を願いながら、早速、外来窓口に義援金箱を設置して来院者と職員に浄財のご寄附をお願いしたところです。5月中旬には、募金額を被災地にお届けしたいと考えております。

 さて、東日本大震災から5年が経過し、未だに看護職員等のスタッフ不足を解消するには至っていませんが、常勤医師の充足と非常勤医師の確保は予定通りに進捗し、新たな診療科を標榜して医療の質的・量的拡充と地域住民のニーズに沿った医療の提供に努めているところです。この4月からは、新たに常勤の耳鼻咽喉科医と麻酔科医を医局に迎えることができ、今後の診療内容の充実に弾みがつくものと考えております。
 特に、両先生が当院で診療を開始されたことにより、地域内の耳鼻咽喉科医師が不足している現状に対応できることや、麻酔科医師を中心とした救急医療の向上にもつながることが期待されております。
 一方、震災後から進めてまいりました震災復興のための施設改修も山場を越え、震災前の安全・安心な診療環境が整いつつありますので、診療環境の快適化も高められるものと思っております。

 昨年度、「消化器病に関するフォーラム」を立ち上げましたが、今年度も「第2回浜通り消化器フォーラム」開催を予定しており、企画立案と準備を始めたところであります。
 このフォーラムには、全国から消化器病医療の第一線で活動されている先生方を講師としてお招きして、日本消化器内視鏡学会理事長の田尻久雄先生のご指導の下で開催するものであり、地域医療に携わる先生方にとりましては、診療技術を高める好機となるのではないかと考えております。
 このほかにも、地域の方々が安心して診療が受けられるようにすることを念頭に、先生方の旺盛な研究心を大きく育んでいただくための支援も積極的に行いながら、医療の質を高めることに意を用いてまいりたいと考えております。
 引き続き、皆様方のご指導とご支援をお願い申しあげます。

医療法人社団青空会大町病院
院長 猪又 義光

文字の大きさ

alt= alt= alt=
Copyright © 医療法人社団 青空会 大町病院 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.